友人のおかげで甘酒・五平餅・赤飯が作れます

もち米と言うとお餅を連想しますが、我が家では毎年友人がもち米をくれるので、甘酒・五平餅・赤飯などを良く作ります。甘酒は炊いたもち米を人肌に冷ましてから市販の麹と混ぜ炊飯器で4時間位保温します。五平餅は白米ともち米を半々くらいで炊き、潰してから適当な大きさにして焼き山椒味噌をつけて食べます。赤飯はもち米だけでも良いし白米と半々でも良いですが、塩と食紅を少し入れ炊き上げ、甘納豆を混ぜいれてそのまま30分ほど置きます。
甘酒は甘みを出すのが難しくて何回か失敗しましたが「飲む点滴」と言われるほど美容と健康にはもってこいの飲み物のようで今は我が家の人気NO.1です。五平餅は春先に山椒味噌を作っておいて冷凍庫で保管し、たっぷり塗って食べます。山椒味噌は豆腐やもろきゅうなどにも使えるので作り置きしておくと便利です。赤飯は行事のある時は当然作りますが、家族皆大好きで普段も食べたがるので頻繁に作ります。
もち米は白米よりも割高ですが友人のおかげで美味しい甘酒・五平餅・赤飯が食べる事が出来て感謝感謝です。脱毛ラボ 料金 スピード