私の中で幸運なことといえば大学院に不合格になってしまたことです

私の中で幸運なことといえば大学院に不合格になってしまいそのまま就職先を探して何とか就職できたとこだと思います。

理系の場合ですと大学人に行って修士までとることが普通ですが、文科系の中でも文学部の人間が大学院行くとなると、それはこの先小学校、中学校、高等学校の教員になるか、それとも警察官になるか、市役所で働くくらいしか選択肢がなくなってしまいます。

つまり、文系学部で大学院に行くということは公務員になるしか生きていく道がなくなることなのです。なぜならば、文系学部の場合は大学院で学んだことが民間企業で生かせる職場というのは基本的にありません。

私は、大学院を出た後は中学校か高等学校の教員なれればいいくらいに考えていました。それに、自分が通っている大学の大学院に上がる場合は教員とも面識があるので、基本的にペーパーテストがあっても誰でも合格できるものなのです。

しかし、どういうわけか私は大学院の試験に落ちてしまったのです。アリシア 予約