日本の気候とお米というのは割と密接に関係しています

温帯モンスーン気候というのが日本の気候の状態なのですがそれによって実は水源に最も適した作物として米が選ばれたというのは、まさに気候からみて当然の結果であると言えることになります。明治26年から日本の稲作においては常に改良が考えられており、単位あたりの面積の収穫量というのはその時から今にかけて約3倍近くになっています。これによって労働時間が約180時間から30時間へと1/6になっているということもあり、とにかく収穫量が増えてきたというのは間違いないことでしょう、新しい栽培法も増えてきており、日本の米の収穫量というのは単位あたりで見ればものすごく増えているのですが総収穫高と言うかとに関して言えば実はかなり下がっているというのも事実になります。要するにパン食なども含めて米の銃が物凄く下がっているということがありますので実はかなり日本の稲作農業というのは大変な状態にあるとも言えるのですがそれでも十分に食べている人が多いですし、主食であることは間違いないことであるといえるでしょう。鼻下脱毛 口コミ